基調講演

冨山 和彦氏

講師

冨山 和彦 (とやま かずひこ) 氏

演題

次代への先導者としての責任
若き企業家集団として身につけておかなければならないこと
〜経営者の条件〜

第33回近畿ブロック大会わかやま大会は、冨山和彦先生をお迎えいたしまして上記演題にて基調講演を行います。

冨山先生は、企業再生分野の先駆け的存在であり、2003年に政府の招請によって参画された産業再生機構でも手腕を発揮されたのみならず、これまで大小含めた数多くの企業を再生されてきました。地方経済の実情にも精通され、きれい事だけでは済まない多くの再生案件に携わられた経験から、経営者は「合理」と「情理」という相矛盾するふたつを同時に備え持つことが必要と説かれています。

私たちはわかやま大会の開催地テーマに沿った基調講演を通じ、「互いを大切に思い、協力し合う精神」=「YEGの和」の精神で次代への先導者としての若き企業家集団としての「経営者の条件」を今一度考えていただく機会にしていただきたいと考えております。

近畿圏内のYEGメンバーの皆様、どうぞ奮ってご参加の程よろしくお願い申し上げます。

 

日時・会場

平成27年10月17日(土) 11:20〜12:20
和歌山ビッグホエール

会場までのアクセス

 

冨山 和彦氏 プロフィール

1960年(昭和35年)和歌山県生まれ。
東京大学法学部卒業。スタンフォード大学経営学修士。

企業コンサルタントとして数々の経営戦略の立案やその実行支援を行う。その手腕を買われ2003年政府の打診により産業再生機構の設立に参画、代表取締役専務兼業務執行最高責任者(COO)を務めた。2007年株式会社経営共創基盤(IGPI)を設立し、代表取締役CEOに就任。

2013年より経済同友会副代表幹事。携わった企業再生の案件は、中央地方、規模の大小を問わず、多数多岐に及ぶ。著書に、「なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略」(PHP新書)、「挫折力 一流になれる59の思考・行動術」(PHPビジネス新書)など。

Comments are closed.

ページの先頭へ