分科会

田中章二氏 講演会 「三人の子どもを育てて〜夢をあきらめない〜」

時間 14:00〜16:00
13:30~15:30
(開演時間変更しました)
定員 700名
登録料 無料
開演 13:30
会場 和歌山ビッグホエール
分科会会場への移動手段 移動なし
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
移動なし

田中 章二氏 プロフィール

第1分科会

福岡県立戸畑高校、日本大学で体操部に所属し、1973年和歌山県教育庁保健体育科に体育指導員として入庁。その後、教諭として和歌山県立星林高校や和歌山北高校に勤務し、和歌山北高校では体操部監督として30年間指導にあたり、2015年3月末に同校を退職。自身も32歳まで競技生活を続け、NHK杯体操競技大会や全日本体操競技選手権大会、国民体育大会など多数の大会に出場。現在も、和歌山オレンジ体操クラブコーチ、和歌山県体操協会副理事長などを務める。

2012年には日本体操協会功労賞、2013年には和歌山県スポーツ功労賞などを受賞。ロンドン五輪に世界体操界で初めて兄弟3人で出場した、田中和仁氏、理恵氏、佑典氏の3選手の父親。

第2分科会:映画を活かしたまちづくりがおもしろい! 〜YEGメンバーが語るわがまちづくり〜

時間 13:20〜16:30
定員 300名
登録料 無料
集合時間 13:10
集合場所 バス乗り場
会場 和歌山県民文化会館
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
machidukuri

それぞれのまちにある地域資源や個性を活かすユニークなまちづくりが日本中で行われています。それらの中には、YEGメンバーがその取り組みの中心を担っているものも多くあります。この分科会は、和歌山県内において「映画」を取り入れたまちづくり事例を中心的に関わったYEGメンバー達が自ら語るトークセッションです。

第3分科会:地域資源を活かした商品開発を行う酒造会社に商品企画・開発方法を学ぶ

時間 14:30〜17:30
定員 80名
登録料 2,000円
集合時間 14:20
集合場所 バス乗り場
会場 中野BC(株)
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
第3分科会

醤油造りからスタートした和歌山県の企業、中野BC(株)。時代のニーズに合わせて清酒、焼酎そして地元産南高梅を使用した梅酒など多彩な商品を開発してきました。この分科会では、中野BC(株)を訪問し清酒や梅酒の仕込み、貯蔵庫などを見学します。もちろん試飲も用意し、見るだけでなく五感で体験する分科会となっています。

bnr_report

第4分科会:『和食の原点ここにあり 醤油造りと紀州の味体験』〜醤油発祥の地「湯浅」で造るマイ醤油〜

時間 13:00〜17:30
定員 80名
登録料 3,000円(昼食あり)
集合時間 12:50
集合場所 バス乗り場
会場 湯浅醤油(有)
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
第4分科会

世界遺産にも登録され、世界的にも注目されている和食。和食の原点である「醤油」の発祥が和歌山県湯浅町だとご存知ですか?この分科会では、その醤油発祥の地・湯浅で、醤油工場見学、マイ醤油造りを体験、醤油の香り漂う歴史的景観地区を散策できます。

また、紀州の味「茶がゆ」を、紀州の特産品と共に試食していただきます。

第5分科会:地域住民と猫の駅長が救ったローカル線に次代の地域交通のあり方を学ぶ

時間 14:00~17:50
13:50~17:50
(ダイヤ改正にともないご集合・ご出発の時刻を変更させて頂きます。)
定員 80名
登録料 1,500円
集合時間 13:40
集合場所 バス乗り場
会場 貴志駅
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
たまニタマ2S貸出用

2003年、赤字を理由に廃線の危機に陥った南海電鉄貴志川線。
地域住民の熱意と存続を求める数々の運動を受け、全国初の運営事業者の公募により、和歌山電鐵が事業を継承。

2006年4月、新生・貴志川線として運行をスタートさせた。以降、沿線住民を中心に、地元の官・学・民の支援のもと様々な取組を実施。和歌山電鐵は、いちご・おもちゃ・たま電車の運行や、猫を駅長に任命するなどユニークなアイデアで日本国内にとどまらず海外からも集客する地域の強力な観光素材となった。

この分科会では、和歌山電鐵貴志川線に乗車し、猫が駅長を務める貴志駅を見学。

その後、国の登録有形文化財にも登録されている伊太祈曽駅の検査場を特別視察した後、廃線の危機から現在に至るまでの軌跡と経営努力の一端を列車内で講義して頂く。

第6分科会:語り部と歩く紀州五十五万石『和歌山城』の歴史探訪〜豊かな風土から生まれた紀州の地酒飲み比べ付き〜

時間 14:10〜17:40
定員 80名
登録料 1,500円
集合時間 14:00
集合場所 バス乗り場
会場 和歌山城
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
86676ef14e715d384044a43d2ce87776

和歌山市の中心部にそびえる紀州徳川家の居城、和歌山城。国宝指定後に戦火で焼失し、再建の際は松下幸之助氏も私財を投じた、日本三大連立式平山城のひとつです。和歌山城を知り尽くした語り部の案内でじっくりと散策していただいた後、天守閣を望みながら、紀州の地酒を飲み比べいただけます。

第7分科会:和歌山の原点 「和歌山」の由来・和歌の浦満喫

時間 13:00〜17:00
定員 40名
登録料 2,500円(昼食あり)
集合時間 12:50
集合場所 バス乗り場
会場 和歌浦
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動
toushougu

八代将軍徳川吉宗の城下町である和歌山、その名前の由来となった和歌の浦を探訪するコースです。和歌の浦には、家康を祀る紀州東照宮をはじめ、紀州徳川家の歴史遺産が時代を越えて今も多数残されています。また和歌浦漁港にて、名物である新鮮なシラス丼をご賞味いただき、観光遊覧船にて入り組んだ海岸線や、和歌浦湾の美しさを楽しんでいただけます。

和歌山の歴史、そして和歌の浦名物を堪能できる分科会となっております。

第8分科会:日本4大漆器の産地と水回り品 全国シェア70%を誇る家庭日用品!! 〜ものづくりの魂を近畿へ〜

時間 13:40〜17:40
定員 80名
登録料 2,500円
集合時間 13:30
集合場所 バス乗り場
会場 紀州漆器伝統産業会館
分科会会場への移動手段 バス移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
バス移動

紀州漆器は、日本4大漆器産地の一つであり、海南市の黒江地区を中心に生産されてきました。昭和53年には、通産省(現在の経済産業省)から、“伝統的工芸品”の指定をうけ、和歌山を代表する伝統産業となっています。

また家庭用品の、特に水回り品では、全国7割以上のシェアを誇っています。この分科会では、紀州漆器に身近にふれあうことができる蒔絵体験と同時に、家庭用品の原点というべき材料=棕櫚(しゅろ)を使ったほうきを製作していただきます。

豪華な分科会となっていますので、是非ともご体験ください。

漆器2漆器 (1)漆器3

第9分科会:ビジネス交流会 in 和歌山

時間 13:30〜16:00
定員 130名
登録料 無料
開始 13:30
会場 和歌山ビッグ愛1階展示ホール
分科会会場への移動手段 徒歩移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
徒歩移動

YEGメンバーが各々持っている情報・経験・知識を共有することによって、「新たなビジネスチャンスの創出」「経営の気づき」「自社の隠れた可能性を発見する事」を可能にしていきます。

そしてYEGという人脈を武器にし、「元気な企業」「元気な地域」「元気な日本」の創造に向けて貢献すること、さらには、新たなビジネスへの情報収集や、新たなマッチングを求める方へも有益な場の創出を目的と致します。

pic_sc09_01pic_sc09_02pic_sc09_03pic_sc09_04

OBサロン:受け継ぎ、引き継ぐYEGの和(WA)

時間 14:00〜16:00
定員 45名
登録料 5,000円(昼食あり)
開始 14:00
会場 和歌山ビッグ愛12階オテル・ド・ヨシノ
分科会会場への移動手段 徒歩移動
分科会終了後、
大懇親会会場への移動手段
徒歩移動
pic_obsalon

今まで、日本、近畿ブロック、各都道府県連合会、各単会とお支え下さったOBの方々に懇親を深めて頂く場をご提供致します。ミシュランガイド星獲得店を都内に数店、運営されている吉野 建氏の「オテル・ド・ヨシノ」にてフレンチオードブルを楽しみながらご歓談下さい。

分科会会場へのバス乗り場等ご案内

sc_map

Comments are closed.

ページの先頭へ